「わ」行

わんちゃん用

ペットを家族のように飼われている方はたくさんいらっしゃると思います。

ペットの中でも一番多いのがわんこ

私の実家でも家族のようにわんこをかわいがっています

今やドックカフェなどと並び、ドックガーデンというわんちゃんをメインとしたお庭が当たり前のものとなってきました

ESTINAでもわんちゃん用のお庭をたくさん作っていますよ

Photo

わんちゃん用に設置したガーデンルーム。

この中でお昼寝したり日向ぼっこをして過ごしています

ですが、扉を閉め切るとサウナ状態になるので要注意

Photo_2

画像荒くてすみませぇん。。

左側の蛇口が付いているモノがシャワー付きの温水の出るわんちゃん用立水栓

右側はフェンスで囲った犬小屋です。

Photo_4

わんちゃんが走り回れるように、デッキのまわりは芝貼り

フェンスや門扉で囲って入る為繋げておかなくても大丈夫なので、デッキの上からいつでもわんちゃんと遊ぶ事ができます

他、様々なライフスタイルに合わせてわんちゃん用のお庭を作っています

和の庭

和の庭と一言で言っても今はいろんなものが作られています。

伝統的な和風庭園・雑木をとりいれた和風・枯山水・モダン和風(基本はモダンの空間に和のテイスト入れる・・エスティナではジャパネスクと呼んでいます。)

本当に最近はジャパネスクを希望されるお施主様が増えました。やはり日本人は和のテイストが一番落ち着くのかもしれません。

個人的には雑木を取り入れた和風が好きです。伝統的なものより、木々の印象がかろやかで自然に包まれた感じがいいですね。

また、個人的にこてこての和風庭園に少し洋風が入ったものも興味深いです。うちの実家がそうなのですが、こてこての和風庭園(滝や池があって)なのにアイアンの背の高い外灯や(もうぼろぼろです)なんとコニファーが植えられています。でも別に違和感ないです。コニファーといってもとんがったものでなくて、どちらかというとまあるい形をしています。なので丸く刈ったつゲたちと仲良く並んでいるんです。なんというか・・・変な言い方をすると、明治時代あたりの袴にブーツはいてる感じ・・・勉強不足なのですが、そういう和風の作り方もあるのでしょうか。

それを見ながら育ったせいかもしれないですが。なのでこてこての和風はすこし堅苦しい印象を受けます。でも好きな庭もたくさんあります。

いろいろいうときりがありませんが、縁側なんかも家につくりたいですね。辞典からは少し離れてしまってすいません

Wa

わだち

わだち(轍)とは車輪の通った跡のことをいいますが、私達は駐車場で車輪の通る部分のみコンクリートを打つ事をわだちと呼んでいます。

このような感じです↓↓

Nec_0015

イイ写真がなくてすみません

コストを落としたい場合や全体的に固めたくないと希望された場合に用いる方法です

コンクリートの周りは砂利を入れたり芝など緑を入れたりと見た目もなかなか良いです

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

LINK

  • エスティナ

  • 素敵なお庭

  • 広島のリフォームブランド「レスティーロ広島」

無料ブログはココログ