「か」行

コハウチワカエデ

9月になりました。といってもまだまだ暑くて、涼しい風が吹き始めるのが待ち遠しいですね。

秋といえば紅葉です。今日は紅葉の美しい植栽を紹介したいと思います。

Images

こちら、コハウチワカエデといいます。

イロハモミジと競うくらい紅葉が美しいです。

本州・四国・中国に分布する落葉小高木です。別名イタヤメイゲツ。

葉の場所によって、黄色から赤などいろんな表情を見せてくれます。

漢字でかくと『小葉団扇楓』。天狗が持っている葉団扇よりちいさいものだからだそうです。

言われてみれば天狗はこういうの持ってますよね。。

とってもかわいらしいですね

コンポスト

生ごみや家畜糞尿などの有機性廃棄物からできた堆肥、又は堆肥化手法のこと。

コンポストは、古くからあった廃棄物処理方法です。

廃棄物を微生物の力で発酵、分解して再び自然のサイクルに戻すことは、昔からありましたが

世の中のエコの流れで再び注目されてきていますね。

つまりコンポストはそれらを作り出す仕掛けのようなものです。

市販品から、手作りのものまで色々なものがあるので

僕自身、試してみたいものです。

Photo

これから様々なエコグッズの紹介もしていきたいと思います。

ガーデンチャペル

Photo

こちらは広島市南区宇品にあるグランドプリンスホテルのガーデンチャペル

ESTINA広島が設計施工しました

瀬戸内海を間近に一望できるロケーションの素晴らしい立地です

予定のある方は是非こちらで・・・

気勢(きせい)

樹木や石など、その形や置かれ方などにより

目に見えない力の動きが感じられる。

これを気勢といい、空間に緊張感や力強さをあたえます。

形から感じ取れる勢いとでも言いましょうか。

以下の図をご覧頂くとわかりやすいかと思います。

これをふまえて庭園などを見返すと

さまざまな見え方の工夫や計算が見てとれると思います。

デザインをする上でもとっても重要なポイントです。

Kisei

コンクリートうち

こんばんは

エスティナのたがわです。

今日もとても寒かったですね通勤にコートが必要な季節になってきました

そんな寒い中でもエスティナのお庭工事は職人さんの手によって造られていっています

今朝、工事中のお宅へ現場確認に行ってきました~

今日の工程は、コンクリートうちです。仕上げはコンクリートの洗い出し仕上げなのですが、この天気なので、乾きが悪いようでした・・・

Isiharatei トロトロのコンクリートの状態です。

こちらのお宅も明日で左官工事が終わりの予定です

残りは照明・植栽工事です

エスティナの新しいお庭・・・完成間近です

明日も寒くなりそうですが、皆様体調にはお気をつけくださいませ

ガーゴイル

ガーゴイルとは、西洋建築で、門などに置かれる悪魔像。
また、その悪魔像を模したモンスター。

日本でいう鬼瓦のようなものであり、
魔除けの役割を担っているといわれています。
ガーデンの世界では、庭の守り神といった感じでしょうか。
最近、輸入もののガーデンオーメントも多く出回っており、
アクセントアイテムとして人気があります。

魔除けに悪魔像をおくというのがおもしろいですよね。

魔除けになってないじゃん。。

毒を持って毒を制すということなのでしょう。

Gargoyle


ガーデンルーム

今日はCMなどでも話題の「ガーデンルーム」についてです

各メーカーさん色々な種類のガーデンルームがあります

日除けをつけたり、目隠しが出来たり

たくさんある中でどれを選べばいいか分からないと思います

そんな時はお庭をどのように使いたいかを考えて見ましょう

例えば、

・ガーデンルームでお茶を楽しみたい

・ガーデンルームで洗濯物を干したい

・ガーデンルームからそのまま庭に出て広く使いたい

・夜はしっかりとプライベートな空間としてガーデンルームを使いたい

などなどきりがないくらい出てくると思います

どのようにお庭を楽しみたいかをガーデンクリエイターに伝えていただければそれにあったガーデンルームを紹介します

Cocoma

クリスマスツリー

クリスマスももう間近となってきました

そこで、庭に植えたら素敵なクリスマスツリーを紹介

クリスマスツリーに多く使用されるゴールドクレストやドイツトウヒなどの針葉樹は大きくなり過ぎて最期には切ってしまう事が多いかと思います

こうした中でクリスマスツリーに適したオススメの針葉樹があります

成長が遅く、大きくなってもシンボルツリーとして観賞価値の高いプンゲンストウヒという品種があります

値段が高いのが難点ですが・・・とても樹形のキレイな針葉樹です

Photo

記念手形

お庭を作った記念に、思い出に、絆の証に、

家族で手形を残してみてはいかがでしょう

Photo

ごろごろした石

いきなりですが最近のお気に入りはごろごろした石を庭に使うことです。

いままで石と言えば景石などの1つ1つが個性あるものでした。または、砂利などが使いやすかったと思います。

ですが今のオススメは、ゴロタ石や、割栗石などのごろごろしたもの。大きさは15cm

前後のものたちです。

使いやすい理由は、それを敷くだけで存在感があり、素材自体に奥行きが感じられるからだと思います。また、いろんなテイストにあわせることができます。

Gorota

こちらは少し和の雰囲気を持たせたお庭。真ん中のごろごろした丸い石がゴロタ石です。砂利とあわせて敷いてあります。砂利だけだとのっぺりしがちな床面に変化を持たせてくれます。

Wariguri

こちらはグレーの素材をつかって、でもかわいらしい雰囲気をだしています。手前に敷いてあるのが割栗石の洗い出しです。こちらもナチュラル感が増して目を引いています。

ほかにもシンプルモダンのお宅。黒と白のカラーのお宅にグレーの割栗石が良くあいます。ドライガーデンの雰囲気も出せます。

年月がたって隙間から草花が生えたり、苔がついたりするとより趣きが増すのも楽しみです

より以前の記事一覧

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

LINK

  • エスティナ

  • 素敵なお庭

  • 広島のリフォームブランド「レスティーロ広島」

無料ブログはココログ