« エゴノキ | トップページ | 季節の樹木 »

肥料について 油かす偏

油かすと聞いてうどんの上にふりかけるやつを

想像したのは僕だけではないと思いますが

一般的に使われている有機肥料のひとつです。

既製品の多くは油かす単体ではなく、

骨粉やリン酸系肥料が混合されているようです。

油をしぼり取ったあとの粕(かす)を油粕といい、

遅効性の肥料として用いられる。

どの油からしぼった粕であるかによって、

ダイズ油粕、ナタネ油粕、ゴマ油粕などと表記されます。

キクやサツキ栽培に用いられています。

□ 長所 □

単体ではチッソ主体の有機肥料なので、主に葉の育成を促進します。

□ 短所 □

チッソが多いので花つきが悪くなりやすく、

植物の育成の妨げになりますので多用は禁物です。

購入時には、極力濡れていないもの、また袋が古びていないものを選びます。

土壌混入用の粉末のものと置き肥用の固形のものがあります。

前述の通り、カビの発生と花つきのことを考慮するならば、

固形のものを育成初期に使用しカビの発生とともに

撤去する使い方をお勧めします 。

« エゴノキ | トップページ | 季節の樹木 »

「あ」行」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 肥料について 油かす偏:

« エゴノキ | トップページ | 季節の樹木 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

LINK

  • エスティナ

  • 素敵なお庭

  • 広島のリフォームブランド「レスティーロ広島」

無料ブログはココログ