« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

トレリス

一般的に、トレリスフェンスと言われたりする
木製の格子状になっているフェンスの事をさす言葉です。

多くの方はホームセンターで購入されるようです。

トレリスを使用するときの注意点は、
ほとんどの商品は、本物の木材で作られており、
経年変化をする事を覚えておきましょう。

そして、取り付けですが、隣地境界のフェンスなどに
紐等で縛り付けるという光景を良く目にします。
普段の状態なら、特に変化はないのですが、これが
風の強い日だと・・・・
台風の時などはフェンスが折れたり曲がったりという
状態になったお宅を見てきました。

注意が必要ですね。

今回の事例は、トレリスフェンスをハードウッドで作成した
お宅です。
本物の木ですが、とても長持ちしますので、オススメです。Photo

手水鉢

茶庭の中で、手を洗ったり口をゆすいだりするための、水を入れておく鉢

自然石のものや、石造品からの見立物、完全な創作物、金属製のもの、陶器などがあるが、石造品のものが最も多く使われています

耐火レンガ

高温にも耐えることができるレンガです

バーベキューコンロなどを作るときに使用されます

Photo_2

そてつ

私の中ではパイナップルのイメージの植物

南国のイメージの人も多いかもしれません

なんとっ70cmぐらいに大きくなるまでに

5年かかるそうですっ

とても、ゆっくり成長する植物ですね

F2a3054f63e63e861

生きた化石とも呼ばれてるそうで

大きくなると、高さが3~5mで、葉は1~1.5m

の羽状複葉

1f5650f6082adac01

雌雄異株で、1本では種子はできません

茎の芯、種にはデンブンを多く含み、毒があるのですが

処理をすれば食用にもなりますっ

枯れかけたときに、鉄を打つと蘇る事から

「蘇鉄」との名前がついたそうですっ

セメント

セメントとは水を混ぜると硬化する粉体のことを言います。

モルタルやコンクリートにまぜてあるのもセメントです。

モルタルとコンクリートの違いは砂利が含まれているかどうかです。

モルタルセメント+砂+水 

コンクリートセメント+砂+水+砂利

モルタルは5センチ以下の厚みで使い、コンクリートは10センチ以上の場合に鉄筋などと一緒に使うことが多いです。

モルタルの方がなめらかに仕上がります。

セメントはセメント+水で使われますが、砂利などが入ってない分強度が強くなります。

その強度にあわせていろんな場面で使い分けられているのですね

コンクリートが何十年と経って風化し、砂利などが浮かび上がったものも趣があります。道路の脇の水路なんかも古いものは、歴史を感じますね

こちらはコンクリートの洗い出しのテラス。

Konnkurito

スランプ

外構工事でガレージ部分にコンクリートを打ちますよね。

そのコンクリートを生コン会社に頼む時、数量は勿論ですが

合わせてコンクリートの配合も指定して頼みます。

例えば「21-12-20」

この時の「12」と言う数字がスランプ値です

簡単に言うとコンクリートの「やおさ」ですね。

数字が少ないほど硬く、多いほどやおくなります。

時季・天候によって使い分けますが、今の時期だと(夏)12~15位かな

あまり硬すぎると、コンクリートを仕上げるまでに乾いてしまって大変な事になっちゃいます

ちなみに、「21」は強度で「20」はコンクリートの中に入っている骨材の大きさです。

Photo

砂利

砂利とは、直径2~5cm程度の石や、小石に砂が混ざったものをいい、砂利には、様々な色や形、密度のものがあり様々に活用の仕方があります

例えば・・・

Photo

立水栓の受けに水ハネ防止に白い砂利と、その周りに景観の良さと雑草を生えにくくさせる為にレンガチップ(レンガを砕いたモノ)を採用。

Photo_2

コンクリートを切った目地に彩りと素材感を出す為コッツウォルズストーンの砂利を。

こういう彩りのある砂利を私達は化粧砂利と呼んでいます。

Photo_4

または、コンクリートの基礎などに使う上の写真のような砕石を家の周りに雑草・防犯・雨ハネ対策として敷く事が多いです。この砕石を細かく砕いていない石が割栗石というものです。これも一般的には基礎などに使用しますが、庭などポイントに敷いて置いておくだけで一段と雰囲気がより良くなりますよ写真がなくてすみません

また、このような砕石や化粧砂利を使用して洗い出しにも使います

まだまだ使い方や種類を探しています

サイン

一般的には『署名』や『合図』という意味で使われている言葉ですが、
ガーデンエクステリア内では『表札』の意味で使われる事があります。

最近の表札は、様々な種類がありますね、
『表札だけは拘って選びました!』という声も良く聞きます。

私からのアドバイスは、表札も全体の雰囲気に合わせて選ぶ事を
オススメします。
目立たせるのは良いのですが、違和感があるとせっかくの雰囲気が・・・

少し宣伝をさせてもらいます。
ESTINAには、『ESTINA表札』という表札があります。
http://www.estina-shop.com/

ESTINAはガーデンエクステリアを適正価格でご提供できるように
日々努力しております。
表札もその一つですが、実は少し違います。

それはこの表札のコンセプトは・・・

『ガーデンデザイナーが自分の家に付ける表札』
ですから、安さを追求せずに製作しました。

是非とも、HPをご覧下さい。
私のオススメは、
http://www.estina-shop.com/eh-119/index.htm

His

コンテナガーデン

コンテナとは植栽を植え込む素焼きの鉢などの容器のことで、

土地がなくても容器に植え込んでガーデニングを楽しむことができることから、

玄関アプローチ、テラス、ベランダなどに適しています

コンテナを複数飾ることで、ライン状、面状のガーデニングができます

この時、コンテナを、ばらばらにしないで共通した草花を植えることが必要です

さらに、植物だけでなくコンテナの色、形、素材を同じものにすることも効果的です

また、複数のコンテナを寄せて組み合わせる場合、

高さのあるコンテナを加え、全体のバランスをデザインしてみましょう

111

間知石

間知石とは

硬質の花崗岩や安山岩質の面をほぼ方形に仕立て、

四角錐に加工し、比較的安定した地盤に傾斜を設けた練石積みで、

自重で崩壊を止める重力擁壁です

003

クリスマスローズ

クリスマスローズ

冬にお花を咲かせてくれる植物です。

(12月~4月頃か開花時期です。)

夏の強烈な日光や高温・高湿度の環境は苦手ですっ

秋から春にかけてよく成長します

6a8e611950e07cb01

とても可愛らしい花ですが、花には毒があります

E0e728857d6795161

「クリスマスローズ」の名前の由来は

クリスマスの頃にバラのような花が咲き始める

植物というところからきてるそうです。

E4a8825458b45c2c1

花言葉は・・・・

私を忘れないで

私の不安を取り除いて下さい

慰め

いたわり

追憶

なんだか、とっても女の子らしい花言葉です

曲水の宴

曲水の宴とは、485年からされていたといわれる宮廷の儀式・遊びです。

庭園などにつくられた遣水の流れに杯を流し、周囲に座したもの達が自分のところに杯がきたときにすぐさま詩歌を詠むというものです。

 太宰府天満宮や毛越寺などで見ることができます。

http://www.motsuji.or.jp/matsuri/data03.html

とっても優雅な遊びですね。

私はこんな遊びが平安時代に行われていたとは庭に興味を持つまで、全く知りませんでした。

他にも桂離宮に月を眺めるための月見台があったりと、昔の宮廷の人は庭で楽しむことをたくさんしていたのだなぁと感じます。時間もゆっくりと流れていたことでしょう。

そういう感覚を見習ってお庭をつくりたいですね。

型枠

型枠・・・・コンクリートで構造物を作るとき、所定の形状・寸法に作るために鋳型の役目をする

仮設構造物です。

型枠の中に打設したコンクリートが、所定の強度に達した時に型枠は撤去します。

16_2

この様に、コンパネを両側に立てて

生コンを打設した時にコンパネが崩れないように鋼管パイプで頑丈に補強します。

19

この中に、コンクリートを流し込みます。

手間が掛かる分、仕上がりは高級感があります。

オープン外構

最近の外構では門扉や塀やカーゲートなどでしっかりと閉ざさずにオープンにしている外構を多く見掛けます。私達が手掛けている物件も多くがオープン外構です

防犯上を考えてクローズ外構にするのが一般的な考えですが、あえてオープンにして人目から避けられないようにするという防犯方法もひとつありますオープンかクローズにするか周りの外構に従うという方も居るかとは思いますが・・・

1

2

スッキリとしていて広々と感じますね

エントランス

エントランスという表現はわりと、エクステリアの
打ち合わせで多く使われてる言葉の一つです。

意味は『入り口』や『玄関』という事もあり、
業者側はエクステリアの門扉部分という意味で使っているのに、
お客様は建物の玄関付近という意味でとらえているという事があります。

多くの場合は途中で気づくでしょうが、
気をつけておきたい用語の一つですね。

では、エクステリアの門扉付近で素敵な事例を一つご紹介。

P1060433

ウッドフェンス

「ウッドフェンス」

ウッドフェンスは目隠しなどに多く使われます

Img_0054

黒いウッドで和モダンな感じにしています

Img_0085

壁の間にウッドフェンスで風通しも良く

Img_0333

横格子のウッドフェンスはお庭の背景に

ウッドはメンテナンスが必要です

伊勢ゴロタ

こんばんわエスティナのtagawaです

今日の日中はすごく暑かったですね外はもちろん、車中でも汗がでてたくらいです

さて、今回のお題は、「い」ということで

皆様、「いせごろた」という名称はご存知でしょうか?

この石は、三重県伊勢地方で採取される、国産の天然ゴロタです

エスティナのお庭でも、ちょこちょこと登場してくれるアイテムです

4

角がなく、まあるっこくかわいい石なのですが、どこか存在感のある石です

では、皆様よい週末を~

あじさい

梅雨明け宣言が出ましたねっ

やっとの梅雨明けですっ

今年は沢山、雨が降りました。

で思いつくお花は・・・。

「あじさい」

B1d5ca3655caa067483f20943af465f11

6月~7月に花を咲かせるお花ですっ

開花から日数によって、花の色が変わる

お花で、「七変化」とも呼ばれてますっ

C68149b8b7616d05945ba8e90f0454e51

花言葉は

元気な女性

高慢・移り気

「紫陽花」の言葉は夏の季語にもなるそうですっ

和の庭

和の庭と一言で言っても今はいろんなものが作られています。

伝統的な和風庭園・雑木をとりいれた和風・枯山水・モダン和風(基本はモダンの空間に和のテイスト入れる・・エスティナではジャパネスクと呼んでいます。)

本当に最近はジャパネスクを希望されるお施主様が増えました。やはり日本人は和のテイストが一番落ち着くのかもしれません。

個人的には雑木を取り入れた和風が好きです。伝統的なものより、木々の印象がかろやかで自然に包まれた感じがいいですね。

また、個人的にこてこての和風庭園に少し洋風が入ったものも興味深いです。うちの実家がそうなのですが、こてこての和風庭園(滝や池があって)なのにアイアンの背の高い外灯や(もうぼろぼろです)なんとコニファーが植えられています。でも別に違和感ないです。コニファーといってもとんがったものでなくて、どちらかというとまあるい形をしています。なので丸く刈ったつゲたちと仲良く並んでいるんです。なんというか・・・変な言い方をすると、明治時代あたりの袴にブーツはいてる感じ・・・勉強不足なのですが、そういう和風の作り方もあるのでしょうか。

それを見ながら育ったせいかもしれないですが。なのでこてこての和風はすこし堅苦しい印象を受けます。でも好きな庭もたくさんあります。

いろいろいうときりがありませんが、縁側なんかも家につくりたいですね。辞典からは少し離れてしまってすいません

Wa

路盤

路盤工・・・・ガレージにコンクリートを打設する前に下地を綺麗に整える作業です。

コンクリートを打設してしまえば見えなくなり、状況を見られる事はあまり無いと思います。

Ro

こちらは、路盤を作り、プレートで転圧(締め固める事)した後に

メッシュ筋と言う鉄筋を敷き並べた状況です。

この作業をしっかりしておかないと、コンクリートにひび割れが起きたり

ひどい時には陥没する場合があります。大事な作業工程の一つですよー。

完成写真が間に合わなかったのが残念です。

レイアウト

お庭をデザインするにあたり、まずレイアウトから考えます

下の図面で説明をすると・・・

2

まず、お庭の絶対条件を基にレイアウトするのですが、一番大きな条件は駐車スペースです駐車台数によってスペース(有効寸法)がほぼ決まってきます。

図面のお家は3台駐車可能です。その3台の停め方は、L字型に配置しました。それは、お庭のスペースを広くとる為です。そのお庭と駐車スペース以外の空いたスペースをアプローチとしました

L前はあまり目線を通したくないので、その前部分だけ壁を高くして、背がある植木を配置しています

そして、大体のスペース決めや、必要条件がクリア出来たら意匠を考えます。このお客様は柔らかいモダンがお好きでしたので、アールで柔らかくデザインしています

アールにすることによって、広々した印象、車の出入りのしやすさ、ムダの無いスペースをとることが出来ました

2_2

他には、お庭でサッカーがしたい・・や物置を置きたい・・など、生活スタイルによって様々なお庭の使い方があるので、それぞれによって一番使い勝手のよいレイアウトを決めてデザインしていってます

ルーム(ガーデンルーム)

ガーデンルームと言われているのが
こんな商品ですね。

Gw7l8778

様々な使い方をされているようです。
例えば、『犬小屋』(もはや小屋というより・・・)
家には入れてあげられないけど、外はかわいそうという事で、
そうされる方もいらっしゃいます。

注意点としては、全部がそうとは言いませんが、
『夏は暑くて』『冬は寒い』という事です。

冬は出る機会も少ないでしょうから、いいですが、
夏の暑さはできるだけ防ぐのをおすすめします。

代表的なのは、写真にもありますが、日よけですね。

夏は暑いと書きましたが、夏でも夜は快適なようです。
たまに聞くのは、ご主人様が仕事からかえって、お風呂上がりに
ビールを飲む場所になっているようです。

確かに想像すると・・・、良いですね。

りんごの木

りんごの木

冷涼な気候を好むようです

お庭のアクセントとしても使えます

Ca330652

「クラブアップル」という名前のりんごの木を植えさせていただきました

ターシャの庭にもあるそうです

落葉樹

こんにちは

ESTINAのtagawaです

今日は、みどり坂でお庭の完成見学会の為、一日中外にいた為、さらに日焼けしました

お陰様でたくさんの方にご来場頂きまして大盛況に終わる事ができました

ご来場頂きました方、熱い中ありがとうございましたお庭づくりのご参考になりましたら、幸いです

さて、今回のお題は・・・「ら」・・・・と言う事で、

落葉樹についてです

落葉樹とは、皆様ご存じかとは思いますが、「冬になると葉がおちるもの」です

季節のお花を楽しんだり、実がなるもの、紅葉するものは、ほとんど落葉樹なんです

一年中、葉の残る常緑樹とは違って、季節を楽しめますので、常緑樹とバランスよく植えて頂ければとおもいます。

おススメの落葉樹は、

シャラ・エゴノキ・カツラ・ヤマボウシ・ヒメシャラ・モミジ等々

上記は、エスティナのお庭にもよく登場してくる植木たちです

お気に入りの植木を御庭に一本植えてみてはいかがでしょうか?

寄せ植え

1つのコンテナに数種類の植物を組み合わせて植え込むこと

季節ごとの植栽を楽しんだり、玄関前にウェルカムプランツとして置いたりします

春の寄せ植え

春の草花は、心を浮き立たせてくれる明るい花色が豊富にあります

カラフルなひと鉢を作ってみましょう

夏の寄せ植え

日差しをさんさんと受けて、太陽に負けないほど元気な黄色、

オレンジ、赤などの花色が多く揃います

秋の寄せ植え

秋が深まると、植栽たちもしっとりと大人の表情に

赤く色づく実や木々の葉が、寄せ上を演出します

冬の寄せ植え

寒い冬を耐え忍んでコンテナを彩る花たち

花を長く楽しめるのがこの季節の魅力です

ユキヤナギ

ユキヤナギ

3~5月に小さな真っ白の花を枝全体につけ、とても綺麗です

雪が降り積もったように

枝に花がいっぱいにつくことからユキヤナギと言われています

D010601

D010603

お庭の一角に別世界を楽しんでみてはいかがでしょうか

ヤブデリマ

ヤブデリマ

蝶々のような装飾花の形が独特で、その散らばり具合が絶妙です

アジサイに似た清楚な花は和風のお庭にも良く似合います

D010401

D010403_2

花は5~6月に咲きます

門扉

『も』ということで門扉についてです

門扉は、クローズ外構の家の入り口につけるほか、

オープン外構の家の裏側に入らないようにするためにも取り付けます

他にはテラスの入り口としてつけるなどもあります

アイデア次第で防犯という面とプライバシーという面でかなり使えるものです

Img_0013

ウッドの門扉です白色ベースで家にあわせてオーダーで作りました

_mg_0975

オシャレな門扉が家族を迎えてくれます

メッシュフェンス

「め」・・・

メッシュフェンスです

境界などに多く使われるフェンスです

化粧や目隠しという部分ではあまり効果はありません

しかし、価格は安く家の裏側、隣地との境界などにはよいフェンスです

色も数種類ありますので家のサッシの色に合わせて選ぶとよいと思います

Img_0333

奥に見えるのがメッシュフェンスです

Img_0886

一部カラーサンプルです

他にも白いものもあります

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

LINK

  • エスティナ

  • 素敵なお庭

  • 広島のリフォームブランド「レスティーロ広島」

無料ブログはココログ